大人のおら太シリーズ(13)焦げ紙

By mameta, 2017年5月1日

こんにちは!

今日は大人のおら太シリーズより、新作のご紹介です。

焦げ紙といいます。

その名の通り、ところどころ焦げを印刷してあります。

約20cm間隔で焦げパターンが繰り返されています。

写真は、以前マリさんからいただいた洋古紙、アジ紙に貼って撮ってみました。

古紙がとにかく素敵なので、その力をかなり借りておりますが、

この雰囲気がとても気に入っています。

焦げの形にカットして使うのもいいんじゃないかなと思います。

 

文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベット全て可能です。

一列で太めのゴシック体で入ります。

焦げをよけて文字を入れることはできませんので、

焦げの上にも構わず文字が印刷されます。

文字数は、見本と同じ5cmに1ワード入れる形だと、

ひらがな・カタカナ・漢字の場合は8文字まで。

アルファベットの場合は14文字程度までがいいと思います。

スラッシュ(/)で区切って入力していただければ、

二つの言葉を交互に印刷します。

例→ MY FAVORITE/焦げてマステ

 

5cmよりカットする長さが長くてもいい場合は、

長い文字も入れることができます(最大40〜50字程度)。

特に長い文字を入れたい場合は、事前にお問い合わせくださいませ。

文字不要、と入力していただければ、文字なしでお作りいたします。